読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁欲を1つの武器として。

オナ禁をしている毎日の日記をゆるっと書くブログ

オナ禁をして気づけたこと

オナ禁43日目です

 

確かいつかの春休みもこれくらいの期間

続いていた気がします

春休みは勝率がいいみたいです(笑)

 

まあ、そのときはせっかく春休み中に長く続いたのに

新学期に入る直前でリセットしてしまったっていう

痛い思い出があります

 

 

さてそれはおいとい

今日はオナ禁をしたことで気づけたことについて

書きたいと思います

 

なんでもオナ禁のおかげといってしまうのは

よくないかもですが、オナ禁がきっかけになっているのは

間違いないないです!

 

で、何に気づけたかというと

「自分がない」ということと

「自分を持つようにしたい」ということです

 

「自分がない」とはどういうことかというと

自分の意見がなく、自分が何をしたいのかわからないということです

 

もちろん意見がほんとうに何もないわけではないと思いますが

「他人の評価」を気にしすぎるあまり

自分の意見を抑えてしまって

自分には意見がないんだって思ってしまっていたんだと思います

 

「他人の評価」を気にして

「他人に流されながら」生きてきたんだなって気づかされました

 

大学に入るまではこんなことに

全く気付けていなかったと思います

 

オナ禁をし始めて

自己を成長させていきたいと思うようになって

なんで自分は意見があまり浮かばなくて

やりたいことも思いつかないんだろうと疑問に思うようになって

「自分がない」ってことに気づきました

 

たぶんこれに気づくまでは

「他人の期待」にこたえていればいいので

これは、ただ誰かに指示を与えてもらって動いているのと一緒で

楽な生き方だったので

そんな楽な道を選んでいたんだと思います

 

でも、オナ禁をきっかけに

楽な生き方だけど、他者のために生きているような人生は嫌で

自分のために行きたいと思えるようになったんだと思います

 

なので、僕は「他者のために生きる」のをやめて

「自分のために生きること」を選びました

 

もちろんすぐに変われるとは思ってませんが

少しづつ自分の気持ちに素直になって

自分のやりたいことを少しずつ見つけていこうと思います

 

そのために

・自分のやりたいと思ったことはすぐやる

・「他人の評価」を気にしない

この2つを実行していきたいと思います

 

例えば今日の話ですが

僕は野球好きなので、今日開幕したWBCの試合はもちろんみたいです

 

ですが、いつもなら

家族が他の番組を見たいだろうなと考え

家族のためにテレビを譲って自分は部屋でごろごろしていたと思います

 

しかし、今日は自分に素直になって

WBCの試合を最後まで見ていました!!!

(もちろんリビングのテレビなので譲る気持ちも大事です!)

 

たかがテレビですが

自分の気持ちに正直になれた瞬間だと思ってます!

 

もちろん「他人を気にするな」と言っても

他人の迷惑になってはいけないので

家族に他のテレビを見たいと言われれば

ちゃんと交代したりもしないといけないですけどね(笑)

 

ちょっと長くなりましたが

自分のやりたいことに素直になっていきたいと思います!

(すぐ忘れないようにしないとですね!!笑)